トップ > 人類学 聖者の教えと学び

意識進化に関するフンソク師の教え

2011/11/04

以下の教えを永田に解説してもらいましょう。

恐怖を手放せば奇跡が起きる

「恐怖は魂を暗闇に落としてしまう。チェルノブイリ事故に対して恐怖を持ったら、その恐怖に魂が染まることになり、それによってあなたの魂はさまよい、目覚めることはない。

あなたが、いずれチェルノブイリのことを忘れた頃、今度は、あなたの子供があなたと同じように、原発に興味を持ったりするだろう。まさにあなたが気にして避けたいと願う、原子力を作る道のほうへと、逆に子供たちは進んでいくのだ。恐怖は、恐怖から逃れようとして、恐怖を再び体験させるのだ」。

これは、チェルノブイリ事故の時に語られたものです。

恐怖に奪われた魂が解き放されると何が起きるか、フンソク師は現実的にも示しました。目の前にいた盲人に奇跡を起こしたんです。その時、こう言いました。

「あなたが目が見えないのは、恐怖を持っているからだ。恐怖の中に奇跡はない。愛の中に真実があり、奇跡がある。だから、目が見えるという奇跡が起こると思いなさい。では、こうしよう。キリストと聖霊の御名において、仏陀の名において、邪悪なカルマよ、立ち去れ! さぁ、あなたも、『私からカルマよ消え失せろ!』と言いなさい。そして、目を開けなさい」。

盲人が「消え失せろ!」と言った瞬間、彼の目が見えるようになりました。フンソク師は、常々「どんな奇跡であれ、あなたが信じた分だけ起きる」と諭していました。

恐怖と依存のないアセンションの時代へ

「人類は、恐怖感があまりにも強い。なぜ、女神やキリストがこの地球上に降りてこれないか? 彼らが高次元から光とともにやってきても、地上の暗闇の意識の中に光が急速に吸収されてしまう。すると、彼らの持つ光が人類の進化のために放ちきれなくなる。そのため、常に天界から光だけを届けてくれている。

依存性があると魂が目覚めない。実は、次の時代のためのキリスト意識を持った人が地球上にいるが、彼は公に現れない。なぜなら、それを知ると皆がすがるからだ。自立が前提であり、それより先決なのは宗教をひとつにすること。

宗教だけでなく、科学も医療も、様々なものが協力し合ってひとつになる段階が来るだろう。すべてが統合された時、世界的な大きな組織や企業が現れてくるだろう。一人の人間が会社に行くこともなく、自宅にいて会社の社員として働き、世界を相手に仕事できる時代が来る。そういうシステムが、5次元社会になった後のビジネスの流れであり、これからは、一個人が天と繋がって生きる時代へと入っていく。それが、今から2000年かけて進む新しい5次元の時代なのだ」。

依存性が強かった昔の時代は、「うちの宗教が本物だ」という理由で宗教戦争が起こりました。でも、現代では、ほとんどの人が自立し、宗教に依存せずに生きていく人が多くなりました。だからこそ、これからはすべてがひとつに統合されて、皆が協力し合う時が来るとのことです。5次元というのは、誰もが利益を得て、皆が豊かになるシステムだそうです。

進化は父性と母性のバランスで決まる

「人間の進化というのは、光に向かっている。光に向かって螺旋状に上がっていく力は男性性であり、父性の力だ。光が強くなると同時に、繊細な暗闇が上からすっと降りてきて、暗闇も同じくらい強くなってくる。その降りてきた暗闇を癒すと、愛に変わる。それが母性の力である。母性とは、受け入れる力。その力がないと神を受け入れ切れない。人は母性が強くならないと、天には行けない。ところが今の人類は、光に向かう父性の力だけで進化している。

宇宙の方程式に則ったものが進化であり、肉体を持ったうえで、より知識を持って賢くなっていくのが成長なのだ。人間の進化の鍵は、感情を癒すことにある。感情を癒しなさい。本当はこの世に暗闇はないのに、人は自分で暗闇を作ってしまう。自分の中の暗闇を消し、感情を癒すと暗闇が愛と光に変わってくる」。

感情がネガティブだと「与えることで得られるかな?」とか、どうしても自分のニーズや損得を考えてしまいがちです。それは、自分の感情に未解決な部分があるからです。心の傷が癒せたら、堂々と人に100%与えられるようになります。

そのようにして、ネガティブなものをポジティブに変え、プラスに変えていく。そうすると、私たちは5次元に移行し始めます。しかし、必ずしも5次元ですべての悟りが得られるわけではありません。5次元、7次元、9次元、そのもっと上の次元でも、意識の進化の旅は続くからです。

万物に対して無害な状態になること

「悟ろうと思わずに、無害になりなさい。無害の先にあるのが悟りだからだ。人間にとって一番難しいのは、自分の内側に対して無害になること。そのためには、まず外側に対して無害になること。そうすれば、自然と内側に対しても無害になっていく」。

悟りの境地は分からなくても、無害という意味は誰でも分かりますよね。これは、「中庸を歩む」ということではありません。「何でこんなことをしたんだろう?」というような後悔をすることなしに、犠牲も自己選択し、自分を認め許して、直面する勇気や飛び込む勇気を持って、という姿勢。それが、無害の状態。フンソクさんがそう教えてくれました。


無意識層のヒーリングについて詳しくはこちら
このページの先頭へ

バックナンバー

※全バックナンバーの一覧はこちら

登録日 タイトル 本 文
2011/11/04 意識進化に関するフンソク師の教え 以下の教えを永田に解説してもらいましょう・・・
 

2回目以降の方へ

会員IDをお持ちの方

Copyright(C) T-ONE HEALING COMMUNITY, co.,Ltd. All Rights Reserved