トップ > カリキュラム>  無意識層のヒーリング > 先祖との絆を癒す 世代間のヒーリング

永田は、家族の絆や親子の温かいコミュニケーションの大切さを説く、心理カウンセラー。
その独自のメソッドのベースとなるのは、ある偉大なマスターからの教えや
エンライトメント心理学、無意識層のヒーリングなど、多岐にわたります。
この時期、私たちが次元上昇をしていくうえで、魂の癒しが不可欠となるそうです。
連載1回目となる今回は、私たちの無意識レベルにある負の遺産、
先祖からの影響を癒すことの重要性について語ってもらいました。

先祖との絆を癒す 世代間のヒーリング

スピリチュアルな探求の原点は 幻のマスターとの出会い

私は長年、心理カウンセラーとして活動する中、人間の意識の構造を知り、いかにアプローチすれば、深いレベルから効果的に癒せるか、独自に探求してきました。

その原点には、一人の偉大なマスターとの出会いがありました。彼の名は、ヒマラヤ密教の聖者、カルマ・ソノ・フンソク師。1989年〜1992年のわずか4年間だけ、公に活動した幻のマスターです。当時、私はアメリカやカナダなど、彼の行く先々に足を運び、熱心に講話を聞いていました。その内容は、「人間の魂の進化について」「意識の成り立ちや癒しの方法」「次元上昇のプロセス」など、まさにアカシックレコードからもたらされる宇宙の叡智そのものでした。講話を録音した秘蔵テープが私にとって霊的情報の源泉で、繰り返し聞きながら、その意味を考え、探求してきました。

フンソク師から教わった瞑想の方法とは「毎朝4時に起きて、4時間、瞑想をしなさい。その時、目の前に浮かぶ人たちの幸せを祈りなさい。その人の人生がうまくいくように、光と愛を送りなさい。7年間続けると、誰しもマスターレベルに到達するだろう」というものでした。私はその教えに従い、今日まで瞑想を続け、21年になります。瞑想を通して様々な啓示を受け、独自のヒーリングメソッドを構築したり、深いレベルから人を癒せるようになりました。

フンソク師の教えの中でも、重要視されていたのは、「私たちが進化するためには、感情を癒すことが大事」というもの。人類のアセンションが目前に迫った今、まさにそれはすべての人に必要なことだと実感しています。

無意識層に眠っている前世や先祖からの負の影響

私たちの意識というのは、思考がリードする表面意識と、感情がリードする潜在意識、さらにその奥の無意識で構成されています。無意識の層には、魂が過去生から持ち越したカルマ、生まれる前の胎児期の記憶、そして先祖から受け継がれた負の影響が隠れています。それらは未解決であるために、マイナスの思いとして残っているんです。

私たちは本来、自分が決めてきた通りに天命を生きればいいはずなのに、過去生や先祖の影響を受けてマイナスの人生を背負ってしまいます。なぜかと言うと、人間の脳は「未解決のものから解決していこう」と働くからです。知らず知らずのうちに私たちは、先祖のエネルギーに支配され、自分の人生ではなく先祖に動かされた人生を送っているんです。病気や事故も無意識層の影響です。

心の深いところにあり、自分では知ることも変えることもできない無意識層。そこにある負の影響を癒すことができれば、思い描いたことが実現するスピードが最短になり、プラスの人生を送れるようになります。

そこで私は「無意識層のヒーリング」を考案しました。その第1ステップが「世代間のヒーリング」、すなわち家系という絆で結ばれた先祖の供養です。私たちが自分の魂を目覚めさせるためには、まず先祖から影響を受けている未解決なテーマをクリアリングすることが必要なんです。

● 第6チャクラ@〜世代間の癒し〜
開催地東京
日程5月10日(水) 14時00分〜18時00分
トレーナー永田 兼一 他
お申し込み参加申し込み
電話お申し込み(03)3919-8525

※上記フォームか、お電話にてお申し込み頂けます。

このページの先頭へ

2回目以降の方へ

会員IDをお持ちの方

Copyright(C) T-ONE HEALING COMMUNITY, co.,Ltd. All Rights Reserved