スポンサーリンク

荒井佑介 経歴と生い立ち 実家の家族 サンカクシャとは?

スポンサーリンク
話題の人

3月3日放送されるザ・ノンフィクションでは荒井佑介さんが運営するサンカクシャを舞台に、シェアハウスで過ごす若者たちが登場します

荒井佑介さんの生い立ちや実家の家族など、サンカクシャについて気になったので調査していこうと思います

スポンサーリンク

荒井佑介のプロフィール

 

名前:荒井佑介

読み方:あらい ゆうすけ

年齢:35歳

出身:埼玉県

職業:NPO法人サンカクシャ代表理事

荒井佑介の経歴と生い立ち

3月3日放送されるザ・ノンフィクションに搭乗する荒井佑介さん

番組紹介ページでは

10代の頃から周囲と折り合いが悪く、家族の中にも居場所を見つけられずにいた。そんな自身の経験から、若者たちの居場所をつくり、自立支援を行うシェアハウスの運営を始めた。

と書かれています

荒井佑介さんは中学3年生の時、生活保護世帯を対象とした学習支援に長く関わり、高校へ進学すると、家庭環境や貧困、孤独などの理由で

中退・妊娠出産、進路就職
などで躓く子供たちを多く見て来たんだそうです
大学ではホームレス支援に取り組み卒業後、「特定非営利活動法人PIECES」と立ち上げています
自身の生い立ちもあってか、現在は若者が楽しく自立できるようなコミュニティを作りたいと「NPO法人サンカクシャ」の代表をされているようです

荒井佑介の実家の家族

荒井佑介さんの実家は埼玉県にあり、家族構成などは現在のところ明らかになっていません

ただ、

  • 中学3年生の時に生活保護世帯を対象とした学習支援と関る
  • 10代の頃から周囲と折り合いがつかない
  • 家族の中にも居場所がなかった

という状況から、実家での暮らしは私たちが想像している以上に孤独で苦しい生活をされていたのかな?と想像ができます

ご自身の経験をもとに、若者たちを救いたいと立ち上げた「NPO法人サンカクシャ」とはどんな場所なのでしょうか?

荒井佑介が運営するサンカクシャとは?

https://twitter.com/arai_sankakusha/status/1504994911351099397?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1504994911351099397%7Ctwgr%5E180583f62994d1f077b4a1589376959514658d33%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fyokotablog.com%2Fyusuke-arai-profile%2F

荒井佑介さんが運営する「サンカクシャ」とはどんなものなのでしょうか?

サンカクシャはサンカクハウスのコンセプトに作られ、15歳から25歳までの若者が集まってくつろげるシェアハウスの運営を目的として作られています

その背景には、中学生までの義務教育を終えると、家庭や貧困などの理由で支援が圧倒的に減り高校へ行けなかったり中退、孤独など厳しい状況に陥ってしまう子供たちを救いたいとの思いがあるようです

サンカクシャは現在、都内に4件のシャアハウスを運営し、サンカクハウスと呼ばれる部屋では

・仕事を失ったり、家族との関係性等の理由で住まいに困っている若者を受け入れている居住支援施設。
・家賃は月3万(入居月は無料、光熱費は別途)。
・週2回の食事提供や食糧提供も行い、所持金のない若者でも安心して入居を始められます。
・自立していくために、仕事の体験やサポートをしている事業と連携し、1年間での卒業(退居)を目指します

引用元:https://www.sankakusha.or.jp/magazine/220711/

などと目的に運営されているようです

サンカクハウスでは様々な事情を抱えた若者たちが暮らしており、家賃も3万円と無料ではありません

なのでここでずっと暮らすと言う訳ではなくシェアハウスで繋がりを持ちながら、自立を目指し短期間移住でき最高でも1年ほどで卒業し退去するための場所のようです

まとめ

今回はNPO法人サンカクシャを運営する荒井佑介さんの生い立ちや実家、経歴などについてお届けしました

3月3日放送のザ・ノンフィクションではサンカクシャが運営するシェアハウスで、様々な事情を抱えた若者たちが登場します

最後までお読みいただきありがとうございました

コメント