スポンサーリンク

林真理子が逆切れ 隠蔽疑惑と北畠成文以外にも薬物使用者が!?

林真理子が逆切れスポーツ
スポンサーリンク

日本大学のアメフト部でおきた薬物事件。逮捕された北畠成文容疑者や事件の詳細について詳しい内容を話すために林真理子理事長らが現在記者会見が行っています

【ライブ】日大・林真理子理事長が会見 アメフト部員の大麻・覚醒剤所持容疑での逮捕受け

記者会見の冒頭で林真理子理事長が隠蔽を疑われた際に強い言葉で逆切れするというシーンが話題に

北畠成文容疑者以外にも薬物を使用しているアメフト部員はいないのか?などについて調べていきます

スポンサーリンク

林真理子が逆切れ 隠蔽疑惑と北畠成文以外にも薬物使用者が!?

8月8日15時過ぎから始まった日大アメフト部の薬物事件について記者会見ですが林真理子理事長の説明に対して、厳しい声が上がっているようです

https://twitter.com/334_jfk_okada/status/1688822874625413120?s=20

その中でもこれ逆切れだよねと思われるシーンがあったようです

日本大学・林真理子理事長「隠ぺいと言われることは遺憾だ」 アメフト部員逮捕で会見

 

林理事長は会見で「隠ぺいと言われることは遺憾だ。間に土日が挟んでおり、私どもは情報をきちんと把握してなかった。きちんとみなさんに対応するためには、これだけの期間が必要だった」「「隠ぺいという言葉が一体どこから出てくるのか私はまったくわからない」。

隠蔽疑惑について

日本大学アメフト部の薬物問題ですが、大学側は7月6日の調査で薬物を発見

大学側はポリ袋を発見。普通はその時点で警察に通報するなり捜査を頼むなりするのが普通

それ以前に部員や保護者らからの情報提供が複数あり、薬物に関しての説明会

しかし日大側は「明らかに大麻とは分からなかった」という理由で説明しているようですが、それ以前に部員や保護者らからの情報提供が複数あり、約2週間も大学側で保管していたことが明らかになっています

この期間が2週間という事で薬物の反応が消えるのが、10日という事で隠蔽が疑われています

そもそも大麻や覚醒剤は複数で使用することが多く、驚くべきことにアメフト部の寮の屋上には大麻を吸える喫煙所があったことも報道されているようです

競技スポーツ担当の沢田康広副学長は「生徒が自主的に自首できるように」と発言していますが不祥事が多すぎる日本大学で、情報提供や本人の薬物を使用した本人の自白などもある中、廃部にするしかないとの声も上がって多く上がっています

北畠成文以外にも薬物使用者がいる!?

記者会見では逮捕された北畠成文容疑者以外にも大麻や覚せい剤を使用した人物がいたのではないか?との質問がありました

疑われてもしょうがないと思えるのが、

  • 昨年11月には「部員が大麻を使用している」という情報が寄せられていた
  • 昨年12月にアメフト部員を中心にした学生に対し、薬物乱用の防止講座を開催
  • 一部報道では昨年3月にはアメフト部内で薬物使用の事実が確認されていた
  • 7月6日に日大が薬物を確認するも約2週間、放置

その他にも、林真理子理事長や沢田康広副学長の説明の不自然さも感じられ、今回逮捕された北畠成文容疑者以外にも薬物を使用していた人物がいるのではないか?という疑惑が上がっています

記者会見を見る限り、日大アメフト部の寮に住む部員は24時間一緒にいるので把握しているでしょうし今後タレコミなどがありそうです

まとめ

今回は「林真理子が逆切れ 隠蔽疑惑と北畠成文以外にも薬物使用者が!?」と題してお届けしました

林真理子理事長と親交のある社会学者の古市憲寿氏らは朝の情報番組「めざまし8」で、

「林さん、僕もよく知っていますけど、本当に正義の人でウソとか絶対つけない人なんですね。だから、明日の会見ではぶちまけてくれると思うんです」。

と話していましたが、かなりグダグダ感がありましたね

また、「北畠成文容疑者だけが逮捕されて終わり?」というトカゲの尻尾切りのような幕引きに疑惑が残ってしまいます

今後何かわかり次第、記事を追記していきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました