スポンサーリンク

郭明優の死因 家族兄弟は? 台湾ラーメン味仙会長のWikiと経歴

訃報
スポンサーリンク

名古屋で話題になり今や全国で人気の台湾ラーメン味仙の会長、郭明優さん(かくめいゆう)が29日に亡くなったというニュースが入ってきました

ご当地グルメとしても人気の台湾ラーメンを1962年に名古屋の今池に開業した郭明優さん

今回は、郭明優さんの死因 家族、兄弟 台湾ラーメン味仙会長のWikiと経歴などについて調べています

スポンサーリンク

郭明優の死因

全国にも知られる名古屋名物の激辛ラーメン「台湾ラーメン」を考案した中国台湾料理「味仙」の会長、郭明優さんが29日に亡くなりました。82歳でした。 味仙の関係者によりますと、郭明優さんは29日午後5 時すぎ、多臓器不全のため、入院していた名古屋市内の病院で亡くなりました。

82歳で亡くなられた郭明優の死因は、多臓器不全とのこと

多臓器不全は肺や腎臓、脳など人間の命を支える重要臓器の働きが著しく低下した状態のことを言います。

郭明優さんは82歳という高齢ということもあったのでしょうか?台湾ラーメン味仙の会長として苦労を重ねていたのかもしれません

ネットの反応

私がよく行ったのは矢場味仙。(今池は一度しか行ったことない) たくさん食べて、バスで帰った、 20代の想い出。 最近行ってなかったから、行きたいなあと思ってたところでした
親父さん今までありがとう。子供の頃は辛かったが。 今じゃ地元スガキヤのカップラーメンになるほどに。 一代で大したもんだ。私も名古屋市千種区産まれの地元住民。 今までお疲れ様でした。ゆっくり休んでください。
台湾の方が賄用に開発したラーメンで台湾に無い味なんですよね。 お疲れ様でした。

郭明優 台湾ラーメン味仙会長のWikiと経歴

名前:郭明優

享年:82歳

郭明優さんは父である味仙の創業である郭明仁さんが開発した台湾ラーメンを1962年(昭和37年)3月27日、今池に開業

実は台湾ラーメンはスタッフのまかない料理だったそうですがあまりにもクセになる味で1967年から 正式なメニューになったそうです

台湾ラーメンは台湾料理にはない料理ですが、「担仔麺」という台湾の麺料理がルーツと言われています

味仙は現在、名古屋市千種区今池にある今池本店を含めた3店の直営店、7店の系列店があり店舗によって味が違うのも特徴です

郭明優の家族と兄弟は?

台湾ラーメン味仙の直営店は郭明優さんの兄弟が経営しています

  • 長男:郭明優 1962年に『味仙 今池本店』
  • 次男:郭政良 1973年に『味仙 八事店』
  • 長女:黎華 1981年に『矢場味仙』
  • 次女:淑子 1982年に『味仙 藤が丘店』
  • 三男:郭政良 1987年『味仙 日進竹の山店』

まとめ

今回は台湾ラーメンを全国区に広め味仙の会長である郭明優について調べてきました

82歳という年齢で恐らくかなり無理をなされていたのかもしれませんね

心からご冥福をお祈りします

コメント

タイトルとURLをコピーしました