スポンサーリンク

須山真衣の顔画像 Facebook 旦那や共犯者は誰

スポンサーリンク
事件・事故

2月18日、山梨県甲州市の寺で自分の産んだ生後間もない赤ちゃんを遺棄したとして須山真衣という女が逮捕されました

須山真衣とはどんな人物なのか?顔画像やFacebook、旦那や共犯者などについて調べていきます

スポンサーリンク

須山真衣が逮捕された事件

須山真衣は甲州市の清水寺で生後間もない自分の赤ちゃんを遺棄し逮捕されました

この事件は去年の11月におき2月8日に腐敗した赤ちゃんの遺体が見つかったとの事です

なぜ自分が生んだ赤ちゃんにそんなことが出来るのでしょうか?その背景が気になります

事件の概要は以下の通りです

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、遺体が発見された寺の住職の娘で、甲州市役所に勤務する須山真衣容疑者(32)です。 警察によりますと須山容疑者は、去年の11月上旬、自分が出産した直後の女の子の遺体を甲州市塩山上井尻にある清水寺の敷地内に遺棄した疑いがもたれています。 須山容疑者はこの寺の住職の娘で家族と同居していましたが、家族は妊娠や赤ちゃんの遺体を遺棄したことに気づいていなかったということです。 須山容疑者は容疑を認めていて「埋葬するために、お寺に埋めました」と供述しているということです。

須山真衣は実家である甲州市にある清水寺に自分の赤ちゃんを遺棄していたことが明らかになっているようです。

父親はこの寺の住職で須山真衣は家族と同居していたそうですが、娘が出産したことは知らなかったのでしょうか?

また、赤ちゃんの父親や共犯者がいるのではという疑惑についても気になるところですね

須山真衣の顔画像

逮捕された須山真衣の顔画像はTBSNewsなどで公開されていました

これは卒業アルバムの写真画像だと思われますが、まじめな印象ですね

須山真衣のFacebook

須山真衣のFacebookを調べてみたところ、同姓同名で甲州市在住の女性のアカウント見つけました

顔画像写真はありますが加工されており現在のところ、上で紹介した顔画像と一致していないのでボカシをかけています

その他Xやインスタなども調べてみましたが本人のものと特定できる情報は今のところ得られていません

SNSなどの情報は慎重に扱う必要があるので注意してください

須山真衣の旦那や共犯者は誰

昨年11月に出産した自分の赤ちゃんを遺棄した須山真衣容疑者

具体的な供述はありませんが、赤ちゃんの父親である須山真衣容疑者の旦那はこの時いなかったのでしょうか?

出産したばかりの女性が一人で自分の子供を産めるなんて、共犯者がいてもおかしくありません

警察も山真衣容疑者の旦那や共犯者がいたのでは?との見方をしているとの事でかなり闇の深い事件ですね

須山真衣の犯行動機

須山真衣の具体的な犯行動機については明らかになっていません

ただ「埋葬するために、お寺に埋めました」という供述がどこか冷めていて、その背景に何があるのか?気になります

出産後のノイローゼ、育児への不安などの可能性もありそうですが、何か、深く追い詰められていた可能性もありそうですね

犯行現場は

犯行現場は須山真衣の実家である甲州市にある清水寺の敷地内です

住所は

〒404-0046 山梨県甲州市塩山上井尻542

という事が明らかになっています

須山真衣の父親は清水寺の住職で、実家の家族は妊娠していたことを知らなかったと話しているようです

毎日顔を合わせていれば、お腹の変化も分かりそうですが、須山真衣は精神的にも閉鎖された生活を送っていたのでしょうか?

まとめ

今回は山梨県甲府市に住む須山真衣の顔画像や旦那や共犯者などについて調べてきました

幼い自分の子供を自分の実家の寺に埋めるという行為。どのような精神状態だったのでしょうか?

また何かわかり次第記事を追記していきます

 

コメント