スポンサーリンク

武田秀太郎 妻はどんな人?馴れ初めや職業 経歴は

話題の人
スポンサーリンク

激レアさんなどに出演し今、話題になっている武田秀太郎さんをご存知ですか?

武田秀太郎さんは日本人としては90年ぶりとなるマルタ騎士団の一員になった方で、その経歴がスゴイんです!!

どんな経歴の持ち主なのか!?気になりますよね

また今回お届けするのが、武田秀太郎さんの妻について

武田秀太郎さんの奥さんってどんな女性なんでしょうか?

という事で今回は

  • 武田秀太郎の妻はどんな人
  • 武田秀太郎と妻の馴れ初めと職業
  • 武田秀太郎の経歴は?

について深掘りしていきます

スポンサーリンク

武田秀太郎の妻はどんな人?馴れ初めや職業も

正義感が強く高学歴な武田秀太郎さんですが、結婚し妻がいます

念願だったマルタ騎士団へ入れたのも妻の支えがあったからなんだそうです

武田秀太郎さんの妻は武田美都里さんという女性で2つ年下

武田秀太郎さんと美都里さんが知り合ったのは大学生の頃だったんだそうです

美都里さんも京都大学出身でかなり優秀な女性

2つ離れていますが武田秀太郎さんは上でもお話しした通り2年間休学されいますから卒業も一緒にしたのでしょうか?

武田秀太郎さんと美都里さんは2016年、京都大学大学院を卒業された年に結婚されています

武田秀太郎さんは正義感が強く優しい男性ですが、その反面、やりたいことに関してはのめり込みがちで妻の美都里さんは日常に戻してくれる糟糠の妻と話されていました

美都里さんは、武田秀太郎さんの妻としてだけでなく、仕事の面でも協力しようと京都大学に入り直し社会健康医学で博士号を取得しています

京都大学へ入りなおすのも大変なのに博士号までとってしまうなんて、とても優秀な女性なんですね~

美都里さんは、九州大の彼の研究室の隣の棟で特任助教として勤務しているんだそうです

2人の間にまだ子供はいませんが、美都里さんは武田秀太郎との暮らしに対し

インテリアは、すべて彼の美的感覚で統一。私が選んだのは一般的な丸いライトでしたが、彼はそれが気に入らなかったようで、いつのまにか取り替えられていました

https://jisin.jp/domestic/2240329/

と話されていました

また武田秀太郎さんは寝るときもスーツを寝間着にしており、こだわりが強いものに対しては美都里さんが何を言ってもダメなんだそうです

武田秀太郎さんのことを理解しサポートしてくれる美都里さんは唯一無二の存在なんでしょうね

武田秀太郎のWiki経歴

まず武田秀太郎さんのプロフィールと経歴について見ていきましょう

武田秀太郎さんは現在34歳。2022年にマルタ騎士団によりナイトに叙任され、聖ヨハネ騎士勲章を受勲した日本人です

実家は三重県。小学生の頃は「発明家になりたい」と夢を持っており、父親は情報工学者で名古屋大学の副総長、専業主婦の母親と8つ年下の弟の4人家族です

学歴

学歴は以下の通りです

  • 2008年 私立東海高等学校卒業
  • 2014年 京都大学工学部物理工学科材料コース卒業
  • 2016年 京都大学大学院総合生存学館修士相当(総合生存学)修了
  • 2018年 京都大学大学院エネルギー科学研究科 博士(エネルギー科学)取得
  • 2019年 ハーバード大学大学院 Master of Liberal Arts(サステナビリティ学)取得

    武田秀太郎さんは私立の中学、高校に通いっているとき同級生が授業料を払えないという理由で退学していく姿を見て、不公平感を感じ強い憤りを感じていたんだそうです

    高校は名古屋で有名な進学校、東海高校に通っており『教育に平等を』をスローガンに掲げて運動をしていました

    学校ではかなり浮いていた存在と話され高学歴でIQ160の武田秀太郎さんですが当時の成績は下から数えたほうが早かったんだそうです

    経歴

    • 2013年 陸上自衛隊中部方面隊 予備2等陸曹
    • 2015年 独立行政法人国際協力機構青年海外協力隊(バングラデシュ人民共和国)
    • 2016年 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
    • 2019年 京都フュージョニアリング株式会社 Co-Founder & Chief Strategist
    • 2020年 国際原子力機関 (IAEA)科学応用局 プロジェクト准担当官
    • 2021年 京都大学大学院総合生存学館 特定准教授
    • 2022年 九州大学都市研究センター 准教授

    武田秀太郎さんは京都大学に進学すると

    「国立大で1人数百万円の税金を使わせてもらって勉強しているのに、いまの自分は何の社会貢献もできていない」

    という疑問を持ち、大学3年生の時に休学をし2年間、陸上自衛隊予備自衛官を果たします

    その頃ちょうど東日本大震災が起き、いてもたってもいれずに決意したんだそうです

    その後も

    青年海外協力隊員としてバングラデシュへ行くなどし、大学を卒業後も青年海外協力隊員、国連職員として活動されています

    現在は九州大学都市研究センター 准教授という立場でマルタ騎士団としての活動をされています

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました