スポンサーリンク

外国人永住許可取り消しの条件は?強制送還になるのはどんなケース

スポンサーリンク
未分類

日本で生活する外国人の数が増加する中、政府は永住者の在留資格管理に新たな動きを見せているようです

特に税金や社会保険料の未納を理由に、外国人の永住許可を取り消す方針を固めたことが話題となっています。

今回は、

  • 外国人永住許可取り消しの条件とは
  • 強制送還になるのはどんなケースがあるのか

などについて解説します。

スポンサーリンク

外国人の永住許可の取り消しに政府が踏み入った背景

https://twitter.com/adotenda/status/1761947632778506735

近年、日本で中長期に渡って暮らす外国人の数が増加しています。

永住者とは、滞在期間や就労活動に制限がない在留資格を持つ人々で、納税などの公的義務の履行を条件に法相が許可していました

しかし、現行法では永住許可後に要件を満たさなくなった場合でも、資格を取り消すことが原則としてできない状況

政府は、制度の「適正化」を図る目的で、税や社会保険料を納めない外国人に対して永住許可を取り消せるようにする方針を固めました

これは、外国人技能実習制度に代わる「育成就労」制度の創設と合わせ、永住許可の要件を満たす外国人が増えることが見込まれるためのようです

永住許可取り消しの条件

現在日本で暮らす外国人。永住許可取り消しとなる条件はどんなものがあるのでしょ?

  • 納税義務の不履行: 永住者が故意に税金や社会保険料の納付を怠った場合。
  • 刑事罰: 1年以上の懲役刑や禁錮刑を受けた場合は現行制度でも強制退去の対象となりますが、新たに1年以下の懲役・禁錮刑を受けた場合も資格取り消しの対象とすることが検討されています。

日本在住の外国人の中には、税金や社会保険料の未納などと言ったケースも多くあり、増加する一部の外国人による犯罪も関係しているようですね

強制送還のケースも

日本に住む外国人が日本での永住資格を失うと、状況によっては強制送還の可能性があります。主なケースは以下の通りです。

  • 資格取り消し後の不法滞在: 永住許可が取り消され、かつ、合法的な在留資格に切り替えられない場合。
  • 重大な刑事罰: 特に悪質と判断される犯罪行為により、刑事罰を受けた場合。

などですね

今までは日本に来る外国人の中には、不法滞在や警察に逮捕されてもまた日本での暮らしは出来ていました

しかし日本もとうとう、不法滞在者の摘発/強制送還など実行できる体制を作ることに踏み出したようですね

政策への懸念

この外国人永住許可取り消しなどの政策変更には賛同する声もある一方で、懸念を示す声も上がっています。

特に、税金や社会保険料の滞納が貧困などの不可抗力による場合もあり得るため、一律に永住許可を取り消すことは「共生」という概念に反するとの指摘があります。

外国人問題に詳しい弁護士は、受け入れた人々を排除する方針に警鐘を鳴らしています。

日本人の反応は

  • 入管法の改正は必要です。 「永住者をしっかり審査し、日本国民と同様の義務を果たしてもらうようにしなければならない」 日本に住んでおきながら、日本のルールを無視する、日本の社会保障を食い物にする者には、相応の措置が必要です。
  • 母が永住者です。 私は日本国籍の父と外国籍の母のもとに生まれたいわゆるハーフですが、この法改正には賛成です。 日本で暮らし、日本の庇護の下、生活を送っていくのではあれば日本人と同等の義務を受けるのは至極当然だと思います。
  • キックバックを不正に得ていながら、納税していない人が多数いますね。この人たちは貧困とは無縁ですし、国民の納税義務を意図的に果たしていないから、日本から出ていってもらった方が良いのではないでしょうか。
  • 良い改正だと思います。あとは外国人への生活保護と不法滞在者たちを国に送り返すための確実な実行ができる法整備もお願いします。
  • 外国人に関わらず、各税金・社会保険料を払うのは最低条件。 生活保護も、今はリモートを含めて働ける方法は多いので見直すべき。

悪質な外国人永住許可取り消しにするという法案に日本人の多くが賛成しているようですね

不正に生活保護を受け働かない外国人も多くいるようですし、日本人からしたら自分たちの税金がこんなことに?みたいなこともあるようです

ただ、その一方でこの政策は経済的困難に直面している人々に対する配慮が足りないとの批判も受けているようです。

政府は、法改正を通じて永住者関連の規制を強化するとともに、新しい「育成就労」制度の創設を進める方針ですが、その実施には慎重な検討と公平性の確保が求められなければいけないとの声もありました

まとめ

今回は

  • 日本に住む外国人永住許可取り消しの条件
  • 強制送還になるのはどんなケース

なのかについてまとめてきました

結局のところ、政策の成功は、外国人住民と日本国民との間の相互理解と協力にかかっていて今後、政府、地方自治体、民間団体、そして社会全体が協力し、外国人住民が日本社会において健全に生活し、貢献できる環境を整えることが、これからの大きな課題になるのかもしれませんね

 

コメント